エピレとミュゼをかけもちする方法

エピレとミュゼのかけもちをおすすめする女性

最近では、脱毛もエピレとミュゼの両方かけもちをする節約女子が多くなってきました。(他のサロンとのかけもちも含める)

 

少し前は、決めたサロンのみで脱毛を受ける人が多かったのですが、不景気な時代ですし脱毛サロンをかけもちすることで料金を少しでも安くしている人がたくさんいます。

 

脱毛ってすぐに綺麗になれるわけではありません。

 

長くかかる場合は2年以上かかりますし、産毛程度の薄い人でも何回かは通う必要があります。

 

それだけ長い期間お世話になるから、サロン選びも慎重にならないといけません。

 

 

ミュゼにするか、エピレにするか脱毛ラボにするか最初はわからないからこそ、かけもち方法を使うのです。

 

「かけもち」ってしてはいけないんじゃないの?とふと思った人もいると思いますが、禁止されている事ではありませんし、かけもちする事で、お店の良い悪いもわかります。

 

 

エピレとミュゼのかけもちのメリット

かけもちをした所で、あっちも行ってこっちも行って、とやっていると手間がかかると思ったでしょう。

 

確かに手間はかかってしまいます。

 

しかし、エピレとミュゼのかけもちのメリットは、サロンの情報をいろいろと収集する事ができる上に、お店の雰囲気・効果などもまとめて把握する事ができることです。

 

「ミュゼは2回目で効果が出たのに、エピレは4回目で効果が出てきた、、」とか、かけもちをすると勉強にもなります。

 

 

時間と暇がないとかけもちをする事はできないのですが、脱毛も数分で終わりますからね。

 

ワキだけであれば10分もかかりませんし、全身脱毛でも1時間半〜2時間あれば1回の施術が終わります。

 

安い料金を組み合わせるのがポイント

エピレとミュゼを上手にかけもちする方法は、安い料金どうしを組み合わせることです。

 

例えば、ミュゼではキャンペーンで「両ワキ+Vライン美容脱毛コース」というものがあります。
(たぶん、脱毛業界で、一番有名なキャンペーンです。)

 

これはWEB予約で初めての人限定100円で脱毛ができるのですが、自分が納得するまで、初めの100円だけで何回も何回も脱毛ができます。

 

だから10回でも20回でもスベスベになるまで、追加料金なしで脱毛を続けることができるんです。

 

最初に100円を払っておけば、本当に、それ以上金額を取られる事はありませんよ。

 

 

普通にワキとVラインを回数フリーで脱毛すると、1,000円以上はかかってしまいますし、毎回払うシステムのサロンだったら1回1,000円だと20回通うと20,000円ですからね。

 

それが100円は安すぎます。

 

だからワキとVラインだけをミュゼで契約して、その他の部位をエピレで「かけもち脱毛」すれば、料金は圧倒的に安くなります。

 

 

ミュゼの両ワキ+エピレ19部位を組み合わせる

エピレとミュゼの秘密の組み合わせを教える女性
ここからは、あくまでも私のオススメの例なので、参考にするだけでも良いですし、この方法でエピレとミュゼをかけもちしても良いです。

 

ミュゼプラチナムで「美容脱毛完了コース」の「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」100円を無料カウンセリングで予約をします。
例:2015年9月20日AM11時に予約します。

 

 

次に、エピレで「19部位から選べる2箇所脱毛プラン」500円を無料カウンセリングで予約します。
例:ミュゼと同じ日で、違う時間帯の、2015年9月20日PM2時に予約します。

 

このように、予約日を同じ日にして、時間をずらしておくと、あまり手間をかけずに通うことができます。

 

もし、予約日を違う日にしてしまうと、「脱毛のために2回も9月中に行かないといけない。。」と、面倒臭くと感じてしまいますが、予約日を一緒にしておけば、「また来週行かなきゃ。。」と憂鬱になることもありません。

 

 

また予約を取る時は、直前だとうまく一緒の日に予約がとれないので、1ヶ月先や2ヶ月先だったら空いている可能性が高いです。

 

このように、ミュゼとエピレの「かけもち」をする時は同じ日に予約をしておくと楽です。

 

 

ミュゼとエピレ「かけもち」のお得度

上記のようにミュゼで100円、エピレで500円の合計600円で、両ワキ+Vライン+両ひざ下+両ひざ上の脱毛ができてしまいます^^

 

「両ひざ上」と「両ひざ下」は例なので、他の部位でも構いません。

 

エピレの19部位は、次の部位です。

 

鼻下・アゴ・乳輪周り・胸センター・ビキニライン(上)・へそ周り・両膝・両手の甲と指・両足の甲と指・ビキニラインS(両サイド)・両ひざ上・両膝下・両肘上・両肘下・首後ろ(えりあし含む)・背中(上)・背中(下)・お腹・ヒップ周り

 

この中から、あなたが気になる2箇所を希望しましょう。

 

>>エピレの詳細プランはこちら!<<

 

 

>>ミュゼの詳細プランはこちら!<<

 

 

ミュゼとエピレを「かけもち」しなかったときの料金

参考までに、ミュゼとエピレを「かけもち」しなかったときの料金を計算してみます。

 

ミュゼだけで脱毛した場合

ミュゼプラチナムだけで「両ワキ+Vライン、両膝上、両膝下」を受けると、「両ワキ+Vライン」が100円、フリーセレクトでLパーツ2箇所1回ずつで値引きをしてもらって12,000円と、合計で12,100円になります。

 

エピレだけで脱毛した場合

エピレだけで「両ワキ+Vライン、両膝上と両膝下」を受けた場合の料金は、「両ワキ脱毛初めて割」250円、「19部位から選べる2箇所脱毛プラン」500円、「Vライン回数フリープラン」3000円で、合計3,750円になります。

 

このように、エピレとミュゼのかけもちをしない場合、エピレの方が安くなります。

 

でも、かけもちにすれば、さらに安くなりますので、上手にかけもちをして、脱毛のコストを下げていきましょう!

 

 

ミュゼ ロゴ

ミュゼで「両脇+Vライン」を現在、最安でするプランはこちら↓

>> http://musee-pla.com/ <<

 

エピレ ロゴ

エピレで好きな2カ所を現在、最安でするプランはこちら↓

>>https://www.epiler.jp/ <<

 

 


エピレとミュゼをかけもちする方法関連ページ

ミュゼとエピレの違いと超お得な使い分け方
ミュゼとエピレの違いを見た後に、ミュゼとエピレの超お得な使い分け方を紹介しています。ミュゼとエピレでは料金体系や特徴がぜんぜん違うからこういう裏ワザができてしまうんです。
ミュゼとエピレ、VIOするならどっちがいい?
ミュゼか、エピレでVIO脱毛をするなら、どちらがお得なのか?ミュゼとエピレでVIOを行った際の料金、脱毛範囲や通いやすさ、痛さの程度、それに私の体験談も含めて紹介していきますので、サロン選びの参考にしてください。